親日国家の台湾で働く

日系企業も進出しやすい、ビジネスマンも働きやすい親日

近年、チャイナリスクという言葉が目立ち始めました。近代化が進み投資先として中国が人気の国だったわけですけど文化や人柄の違い、ビジネスの土壌として中国は相応しくないということで逆に撤退が始まっているということです。一方で台湾は日本人に近しい精神性を持っており日本企業の進出も盛んになってきています。そういった土壌はどうやって形成されてきたのでしょうか、歴史を紐解くことで見えてくる部分があります。

 

台湾は極東アジアで多くの親日国のうちの1つです。本当にあの国は日本に好意的な人が多いと思います。日清戦争によって清国に勝利した日本は下関条約によって台湾の割譲を清国に認めさせます。それから台湾は日本の統治下にあって近代化の道を歩みました。もちろん日本の当地に反対した台湾の人々は多く、日本政府はそういう反乱運動を武力で鎮圧しました。けっして日本の統治は当時の台湾人に歓迎されていたわけではないでしょう(当たり前ですが)。しかし日本の統治下において、台湾は義務教育制度を施行して、アジアで日本に継ぐ高い就学率を誇ったということです。また初代の台湾総督の後藤新平は疫病の原因となっていた悪質な台湾の水を改善するために、上下水道の整備を行って台湾の衛生環境の改善に寄与しました。

 

現在の台湾人の日本への好意には、大陸中国との緊張関係を抜きにして解釈はできないでしょう。もし同じ言語を話す中国との友好的な関係があればこれほど日本との友好を求めることはないかもしれません。しかし、台湾は第二次世界大戦後に国民党の蒋介石が台湾で苛烈な弾圧を行ったことで、改めて日本政府の統治を懐かしむ機運も起きたそうです。私が台湾旅行にいくと積極的に日本語で話しかけてくる老人たちを見ていると、大日本帝国も台湾にだけはそれなりに良いこともしたのだろうと思えてきます。

 

日本人や日本企業はこれから台湾に進んで仕事をしにいってもよいでしょう。リスクが低く国としてGDPも向上し国民の生活も向上し、ますます勢いが認められているからです。加えて上記のような日本が過去に行った少なくとも台湾のためになることのおかげで日本人に対する差別や偏見もないからですね。

 

 

サブメニュー

ホーム観光地忠烈祠日台の歴史親日的日本食で働く人材バンク
Copyright (C) 台湾で働く:人材紹介会社のおすすめはココ